【一級建築士が教える】マンションリノベーション・リフォームの費用を知ろう

こんにちは。
fujitacaリノベーションです。

よくご質問をいただくことの多い「リノベーション費用」
マンションリノベーションは、オーダーメイドでつくりあげるため、価格はケースバイケースです。

この記事では、中古マンションをリノベーションするときの「リノベーション費用の考え方」「部分リノベーションの費用」「コストバランスをおさえる方法」を中心に紹介します。

記事を監修した人:佐藤 創史
fujitacaリノベーション代表。一級建築士。
リノベーション会社にて十数年、設計および設計監理を行い、2014年より藤孝建設株式会社へ。
スタッフ阿部が中心となってヒアリングした内容を設計へ反映し、現場がスムーズに動くよう監理を担当。
マンションリノベーションをメイン分野としており、数多くのマンションにてさまざまな施工方法を見届けてきており、プランニングを現場へしっかりと連携させることを強みとしている。

記事執筆:阿部 哲

マンションリノベーション・リフォームの費用相場って?

fujitacaリノベーションで、マンションリノベーション・リフォームを実施した場合、どれくらいの金額になるのか。

フルリノベーション・リフォーム」とは、マンションをスケルトン状態もしくはスケルトンに近しい状態まで解体し間取りを変更すること を指します。
部分リノベーション・リフォーム」とは、キッチンやリビングなどの一部のみ工事を行うこと を指します。

・フルリノベーション フルリフォームの費用相場

中心価格帯(税込)
~50平米 フルリノベーション・リフォーム800万円~1000万円
60平米  フルリノベーション・リフォーム900万円~1100万円
70平米  フルリノベーション・リフォーム1100万円~1300万円
80平米~ フルリノベーション・リフォーム1200万円~1400万円
基本的には、マンションの面積が広くなればなるほど、価格が上昇する傾向にあります。
同じ面積でもマンションの構造や、お客さまの要望によって価格の差が生じやすくなります。

・部分リノベーション 部分リフォームの費用相場

中心価格帯(税込)
部分リノベーション(リビング+和室をひとつにつなげる、クロスとフローリング込)100万円~
部分リノベーション(ひとつの洋室を分ける、クロスとフローリング込)70万円~
フローリング張替え(6畳)30万円~
クロス張替え(6畳)20万円~
キッチン交換120万円~
ユニットバス(お風呂)交換80万円~
洗面台交換30万円~
トイレ交換15万円~
※いずれも仕様やデザイン、現地の状況によって異なります。詳細は別途お問い合わせください。

部分リノベーションの場合、必要な部分だけリノベーションをすることができる点はメリットですが、フルリノベーションに比べると、残す部分との差を調整する必要が発生したり、設計の手順はフルリノベーションと大きく差が出ない場合があるため、現地の状況によっては費用がかかってしまうケースもあります。

マンションリノベーション・リフォームで使われる見積とは?

「マンションリノベーション・リフォームの見積って細かいですよね」とよく言われることがあります。

実際に使われている見積がこちら。
見積が「工種ごと」に分かれています。さらにそこから細かい見積が続き、プレゼンシートなどの資料もあり、リノベーション・リフォームで決めることは予想以上に多い!というお声をよくいただきます。

リノベーション・リフォームの見積は非常に細かいため「大きな枠で捉えること」がポイントです。

お部屋ごと、場所ごとにどれくらいかかるのかという点については、パッと見積を見るだけでは分かりづらいため、大きな枠としてどこにどれくらいお金がかかっているのか、確認することが大切です。

見積の詳細と内訳を知ろう

リノベーション・リフォームで使われる見積のうち、細かな項目の解説はこちら。

■提携工務店(現場監督・職人チーム)が一気通貫で行うもの
検査費
養生費
インフラ関連の設備が動作するか確認を行う費用
マンションの共用部や既存設備を養生し安全に保管する費用
解体・処分費壁や設備を解体したときの解体費用、処分と搬出費用
内装工事壁紙・フロアタイル(洗面所などの床)交換など、内装仕上げにかかる費用
塗装工事壁やカウンター、窓枠の塗装などにかかる費用
内装造作工事
建具工事
フローリング張替、壁を立てる工事、ドア枠などを設置する費用
左官・防水・タイル工事床下地調整、タイル貼り、モルタル流し込みなどの費用
サッシ工事インナーサッシやサッシ調整、網戸交換などの費用
雑工事カーテンレールなどの細かいパーツ取付、クリーニングなどの費用
電気工事照明器具の取付、コンセントやスイッチの移設・増加などの費用
設備工事キッチン、ユニットバス、洗面台、トイレなどの水回り製品の取付費用
空調・換気扇工事
ガス工事
エアコン、換気扇、キッチンのレンジフードなどの取付
費用ガス接続に関する費用
■弊社にて、別途発注や管理を行うもの
その他工事床暖房やアスベスト専門業者、キズ補修など、各種専門家に依頼を行う場合などの費用
資材費ユニットバスやキッチン、ドアなどの資材費用
プラン設計・資材管理・現場管理費弊社が設計監理業務を遂行するために必要な費用、資材などの納期コントロール費用

項目が非常に多いため、ざっくりどんな工事が行われるのか確認しておきましょう。
また、特にこだわりたいポイントについては、要望が反映されているか確認しておくことが大切です。

参考までに、とある物件におけるリノベーション・リフォームの見積内訳について、割合にしてみると…
「間取りづくり(壁をたてるなど)」「クロス・床の工事」が全体の3分の1を占めます。

また、それらに加え、キッチンやユニットバスなども大きな費用になってきます。
全体の予算を決めるときには、大きくお金がかかる箇所から要望を整理していくことがおススメです。

リノベーション・リフォームの費用が上がりやすいポイントって?

リノベーション・リフォームではどこにいくらかけていくか、費用のプランニングも大切です。
一般的に、どの箇所にお金がかかりやすいのか、ポイントをまとめてみました。

(1)マンションの面積が広い

マンションの面積が広いと、壁をつくるための木工事費、フローリングの材料費などが増加するため、価格が上昇しやすくなります。

(2)築年数が古い(約40年超)

築年数がおよそ40年を超えてくると、いわゆる「旧耐震基準」と呼ばれる条件に該当し、マンションの構造や設備がひと昔前のものになっています。

当時は今のマンションほど画一的に建設されているわけではなく、変わった構造であるケースも多いです。
特に取り壊しに費用のかかりやすいブロック塀やアスベストなどの費用が別でかかりやすくなります。

また、コンクリート壁や下地などに劣化が見られているため、各所において交換や補修が必要です。

(3)自然素材を使う・設備にこだわる

無垢材などのフローリングを使用したり、塗装壁にすることで費用が上がりやすくなります。
また、キッチンやユニットバスのグレードをアップさせることで、そのぶん費用がかかりやすくなる傾向にあります。

リノベーション・リフォームの費用をおさえるコツ

リノベーション・リフォームにおける費用をおさえるコツが気になる方も多いと思います。
プランニングを行いながら感じているリノベーション・リフォームの費用をおさえやすいポイントを紹介します。

(1)既存のものを活かせる場所がないか探す

築10年~15年の物件では、キッチンやユニットバスを活かしたままリノベーションを行うケースもあります。キッチンやユニットバスは、場合によっては100万円近く費用をおさえることができます。

既存のキッチンを活かし、お客さま自身で塗装DIYを行った事例。

(2)自然素材に近いものを組み合わせてコストダウン

無垢材などはコストがかかりやすいですが、なかには無垢の雰囲気を楽しめるフローリングもあります。

いわゆる「突板フローリング」などを選ぶことで、お手入れもしやすく、手軽に雰囲気を出すことができます。さまざまな素材がたくさんあるので、設計士におススメを教えてもらいましょう。

突板フローリングとは、フローリングの表面が本物の木を使用しており、ベースとなる部分は合板でしっかりつくられているものです。
抗ウイルスコーティングなどがなされており、手入れがしやすい製品も。

(3)補助金・助成金を活用し、高性能品を安く取り入れる

リノベーションを行うときには、各種補助金を利用することができます。
主に、「インナーサッシなどの窓改修」「断熱改修」「家事などの負担軽減につながるキッチン・ユニットバスの導入」などを中心に、決められた品番を組み込むことで、補助金を適用することができます。

(例)こどもエコすまい住宅支援事業、先進的窓リノベ事業、給湯省エネ事業 など

(4)リフォームローンを活用し、資金計画をアップさせる

「リノベーション・リフォーム」に特化したリフォームローンを選ぶことで、資金計画をアップしながらリノベーションを遂行することができます。
金利相場は1%台から5%台まで、条件によって異なります。

また、住宅ローンにリノベーション・リフォーム資金を組み込むことも可能です。
その場合、金融機関の多くは「物件引き渡しの2週間前」までに工事請負契約を締結し、リノベーション会社を決定する必要があるケースが多いです。
物件購入時にリノベーション・リフォームを見据えて、リノベーション会社を決定しておく必要もあります。

予算別!リノベーション・リフォームの事例紹介

「予算500万円」
リノベーション・リフォーム事例

キッチンはそのままに、リビングを中心にリノベーション。
お子さんが大きくなったタイミングで間取りを変えたいという要望があり、書斎やロフトを追加しました。

工事内容和室→書斎・ロフト造作、リビング拡張(キッチンは既存利用)
平米数約70平米(うち、工事範囲は約35平米)
築年数2012年築
間取り3LDK → 3LDK+ロフト
ホッとできるね、ロフトのあるリビングで。|4人暮らし・72.63㎡

「お子さんのお部屋をそれぞれつくってあげたいんです。」そんなご相談からスタートしたこちらの物件。 いわゆる、よくある3LDKのマンションの間取りで、お子さんが大きく…

↑施工事例はこちら

「予算700万円」
リノベーション・リフォーム事例

リビング・キッチンを中心にリノベーションを行った事例です。
キッチンのグレードやデザインにこだわりつつ、室内窓や造作家具などでカスタマイズしています。

工事内容リビングダイニング拡張、キッチン交換、ワークスペース追加、畳小上がり(造作家具)
平米数約70平米(うち、工事範囲は約35平米)
築年数1971年築(リノベーション済、追加でリノベーションを実施)
間取り2LDK → 1LDK+ワークスペース
”クールなキッチン”と”小上がり”のRemix|イヌと2人暮らし・70.94㎡

こんにちは。 初夏の暑さを感じながら、リノベーションが終わったお宅訪問へ。こちらのエリアは、スタッフも大好きなエリアで、近所には大きな公園。繁華街から数分歩けば…

↑施工事例はこちら

「予算1000万円」
リノベーション・リフォーム事例

マンションをフルリノベーション。
3LDKのマンションで、間取りを変えずに、キッチンや床などをすべて一新。
シンプルな内装で、仕様をおさえることでコストパフォーマンスの良いリノベーションとなっています。

工事内容フルリノベーション(キッチンなどの水回りはすべて交換・間取り変更なし・クロスと床は一新)
平米数約60平米
築年数1988年築
間取り3LDK → 3LDK (間取り変更なし)
「ちょっとの工夫」で心おどる毎日を|60㎡

都内の自然豊かなエリアにあるマンションで、リノベーションのご依頼がありました。少し駅から離れており、お住まいになる方が限定されてしまうこの場所で、どれだけ素敵…

「予算1200万円」
リノベーション・リフォーム事例

マンションをフルリノベーション。
2LDKと比較的コンパクトな間取りのなかに、こだわりのキッチンや洗面台を入れながら、ドアやフローリングにもこだわった内装です。ホテルライクな印象の落ち着いた空間です。

通常のフルリノベーションに加え、上位グレードの床を入れたり、キッチンも上位クラスのものを入れたりする場合は、少し予算を確保していくと安心です。

工事内容フルリノベーション(キッチン移動・水回りすべて交換・一部間取り変更など)
平米数約55平米
築年数1995年築
間取り2LDK → 2LDK
”夢の設計”をいっしょに叶えるリノベーション|55.34㎡

オフィスから、バスに乗って15分。都会の明るさを感じつつも、ところどころ緑に囲まれたエリアに佇むマンションにお住まいのTさんより、リノベーションのご相談。 こちら…

↑施工事例はこちら

「予算1500万円」
リノベーション・リフォーム事例

メゾネットタイプのマンションをフルリノベーション。
キッチンにはこだわりながら、内窓もオーダーメイドでカスタマイズ。上品さも感じられます。

工事内容フルリノベーション(キッチン交換・パントリー増設・水回りすべて交換など)
平米数約120平米
築年数1999年
間取り4LDK → 4LDK
「上品さ」と「木の柔らかさ」と|G邸 126.06㎡

世田谷の閑静な住宅街にあるマンション。今回の舞台はこちらです。 そのまま住んでも快適そうなお部屋でしたが、オーナー様のお気持ちもあり、もっとあたたかさを感じられ…

↑施工事例はこちら

fujitacaリノベーションが得意なリノベーションとは

fujitacaリノベーションは「ちょっとオシャレで暮らしやすい」をコンセプトにした、対話型のリノベーションを展開しています。

強み① 「暮らしやすさ」を大切にした建材をセレクト

暮らす人たちが心地よく長く過ごせることが大切と考え、メーカー品を中心にした建材セレクト
デザインの良さも大切にしつつ、お手入れに適した素材を選び、提案するようにしています。

強み② ちょっと「オシャレ」「工夫」を提案

日常に溶け込むようなちょっとしたオシャレさをちりばめたプラン提案を行います。
例えば、ちょっと照明をこだわったり、アクセントクロスをしっかり決めたり、ちょっとの工夫を大切にしています。

強み③ プランづくりに「対話」をたくさん

打ち合わせ回数の制限はなし。fujitacaリノベーションに依頼される方はおしゃべり好きな方が多いです。
対面でいろいろ相談しながらやり取りしたい!という方には安心のサービスです。

リノベーション・リフォーム会社を選ぶときは、デザインやテイストはもちろんのこと、担当者との相性や社風も大切になります。
暮らしにかかわるお買い物だからこそ、費用や予算はもちろんのこと、その会社がどんな思いを大切にしているか・どんな提案を行っているのか というポイントもお忘れなく。

fujitacaリノベーションとワイワイ打ち合わせしながらリノベーションを考えていきたいという方、是非お待ちしております。

Follow me!