こだわりの「DIY」と過ごす家|H邸2022 84.42㎡

「日曜大工が趣味なんですが、いっしょにDIYとかできませんか?」

はじめて、Hさんご夫妻とお話したときに、ちょっとこんな話が出ていました。
わたしたちも初対面(オンラインでした)でのお話は、ちょっぴり緊張するのですが、そんな話をさせてもらったときから、ワクワクすること間違いなしのおうちでした。

とある川沿いのマンション。
築年数は少し経っていましたが、もともとリフォームがされている物件をもう少しだけカスタマイズしたい。
そんなご要望から、Hさんの思いがぎゅっと詰まったお家が完成しました。

こころあたたまる、ホッとする空間はここから!

開放感のあるリビングには大きな窓があり、採光がしっかりと入ってきます。
表面はホンモノの木材で仕上げられた挽板フローリング。木の柔らかさを感じつつ、なんだかポカポカした気持ちになります。

そして、このおうち最大の魅力は…

どん、と躯体現し。
コンクリートの構造壁を露出させています。
もともとクロスが貼られていたのですが、Hさんご家族のDIYで見事にコンクリートの風合いを楽しめるように。

さて、おうち紹介に戻ります。
このおうちは、3面採光で、どこからも光が入ってくるので、本当に心地よいのです。
リノベーションで思い通りのおうちは出来上がるけど、もともとのポテンシャルはすごく大切です。
おうちの採光や間取りはもちろんのこと、町並みや最寄り駅から家までの雰囲気など。
リノベーション以外にも工夫できることはたくさんですし、リノベーションで解消されることもたくさんあります。
こちらのおうちは築年数は古いながらも、もともとリフォームされていたので、水回りなどはそのままにテイストだけ変えていきました。

ゆっくり過ごすリビングのフローリングは、肌ざわりから木をたのしめる素材に。

そして、こだわりのキッチン。
面材にこだわり、木目で仕上げています。
愛着がもてそうな、開放感あるキッチンですね。

そして、キッチンにはこちらの棚が。

備え付けのように埋まっているこちらの棚ですが…
なんと、Hさんお手製の棚!馴染んでいますよね。
お手製の棚を、大工さんといっしょに取付をさせてもらいました。
いっしょにいえづくりをしているようで、心あたたまります。

そして、キッチン近くにはパントリーを。
キッチンからの動線も良く、少し奥まった場所にあるので、いろんなものを置いても気にならなそうですね。
アーチ開口でかわいらしく。

他のお部屋は、一部リフォーム済みだったので、建具や床はそのままに、アクセントクロスを追加したり。

完成時に撮影した写真です。

和室の心地よさと調和しているように感じますね。

もともとなかった和室を増やして、リビングからつづく空間に。

DIYでお作りになったものたちを迎え入れるように、素材を選び、素材を活かし、ちょっとした工夫でこんなにも居心地の良い空間ができるなんて。
fujitacaスタッフも勉強になりました。

春にはおうちの前の桜並木が満開になるよう。
もう少しでお引越しとのことで、新しい新生活とともに心地よい空間で、また素敵なライフがスタートします。

お引越し前。
お引越ししてから、暮らしを感じられる空間になっています。

新生活、いってらっしゃい!

■面積 84.42㎡
■設計期間 約2ヶ月
■施工期間 約2ヶ月(DIYを考慮すると+0.5ヶ月程度)
■費用(目安) 約500万円
※部分リノベーションのため、水回りや建具等は一部そのまま活用しており、予算が少しおさえられています。

■撮影協力
Hideyuki Sanada
https://bio.site/sanadahideyuki
https://www.instagram.com/snd_noko/

Follow me!