DIYで家族が集うおうちづくり|S邸 61.04㎡

fujitacaリノベーションは、東京の杉並というエリアにオフィスを構えています。

創業50年近くの工務店が、リノベーションに業態を変えて5年近くが経とうとしています。

自分たちでオフィスをリノベーションしながら、オフィスやその周辺もちょっとずつ活気づいてきました。

街のみなさんに少しずつfujitacaを知ってもらっているんだなぁ、という実感も湧いてきています。

そんなとき、オフィスを通りかかったSさんから一本の連絡が。

「近くに住んでいるんですが、おうちのリノベーションをお願いできませんか?」

スタッフ一同、大喜びでした。

いろんな歴史があるなかで、リノベーションの仕事が少しずつ軌道に乗り始めているんだなぁ、というときに出会った大切なお客さまです。

コロナの影響もありながら、Sさんこだわりのリノベーションができあがりました。

満を持して、じっくりじっくり、紹介していきたいと思います。

リビング側から見た景色はこちら。

天井の躯体(くたい)を見せることで部屋のラフ感が出ているお部屋になっています。

fujitacaリノベーションでは、「ラフマテリアル」なんて言葉を使って、

素材感を楽しむテイストのことを言っています。

天井を上げたことで、開放感が出ています。

そんな空間を少し収納に活用していこうと、提案をしてみました。

収納も扉をつけると、場合によっては閉塞感が出てしまいますが、

オープン棚にすることで、スッキリと。

木のいい素材感が、部屋全体を邪魔しないような風合いづくりに貢献しています。

オープンの戸棚で、バンカーズボックスを置いてもいいですし、

場合によってはオーディオや飾り棚にしてもいいですね。

※コンセントも設置しています。

実は、こちらの壁をよーく見ると、若干周囲と印象が違って見えます。

実は、Sさんと一緒にDIYで珪藻土を塗りました。

スタッフも見守りながら。

スタッフも手伝いました。

仕事のちょっとした息抜きになりました。

近所なので「ちょっとSさんち覗いてみようか。」という一言で、

スタッフがちょっとお邪魔することも多々ありました。

では、キッチンにうつります。

キッチンには広々としたカウンターと、吊戸棚。

部屋全体のサッシやドアの色、各パーツが黒を基調としているので、

黒い吊戸棚もアクセントになっています。

吊戸棚があるとお皿を綺麗にしまったりしたくなっちゃいます…

フロアタイルはキッチンにぴったり。

普通のタイルを使うと風合いはとても良いのですが、ひんやりしたり、お皿を落とした時に割れやすくなったり、それなりに気を付けるポイントはあります。

フロアタイルは、タイル調の柔らかな素材を敷き詰めているので、風合い感を大切にしつつ、日常使いにぴったりな素材です。

ちょっとした戸棚も、木の素材感で用意しておくと、お料理もウキウキしてできちゃいます。

(マスキングテープが貼ってあるのはご愛敬。)

トイレやバスルームも新しいものに。

クロスもくすんだカラーを使っているので、照明が当たったときのぼんやりしたイメージがかわいらしいです。

実はこちらのおうち、よく見ると建具は一部そのままです。

ドアのカラーリングに合わせて部屋のテイストを整えているので、既存の建具が浮くことなく、部屋全体に馴染んでいるのも特徴です。

コストをおさえることはもちろん、使えるものを大切にしていこう、ということにつなげることができますね。

わたしたちも思いがぎゅっと詰まった物件ができあがりました。

Sさんから「あわただしくお引越しをしています」と連絡があり…

新生活がスタートする予感です。ワクワク。

これからもご近所さんとして、どうぞよろしくお願いします。

■部分リノベーション(マンション)

※一部の部屋や建具はそのまま活用。フルリノベーションに近いボリュームです。

■設計施工費(目安) 600万円

■面積 61.04㎡

■設計期間 約2ヶ月半

■施工期間 約2ヶ月