ピンクの心地よさに惹かれて|SO邸 57.04㎡

shmansion_fujitaca

東京の北側、池袋にほど近いこちらのマンション。
立派な外観のマンションのなかに、ドアを開けるとかわいらしい空間が生まれました。

玄関から、すでにかわいらしさのエッセンスが見え隠れしています。
タイルはちょっぴり派手そうに見えるけど、毎朝元気に仕事へ行ったり、学校へ行ったり、はたまたでかけたり。
そんなときに、パッと明るい気持ちにさせてくれるような玄関です。
タイルのオリジナリティは、他のおうちにはなかなかないですね。

そんな玄関と廊下を抜けると、リビングへ。

リビングは広々とした空間で、ピンクのアクセントクロスやクリーム色のクロスが、部屋全体を明るい雰囲気にしています。
こちらのマンション、西向きで、となりの建物と距離が近め。
少し日差しが入りにくい時間帯だとしても、
陽の光が入りづらいおうちは、壁紙でパッと明るい空間をつくりあげていきましょう。

優しい木目のリビングや、ドアのかわいらしさが、空間の居心地の良さを増やしています。

スポットライトと内窓は、アクセントのように。
例えば、ピンクが好きな方と、クールなテイストがお好きな方が同居するとします。
そんなときに、ピンクが多すぎるとちょっとかわいすぎる、なんて意見もあります。
少しぐっと引き締める要素で、黒を入れておくと、お部屋がかわいすぎることなく、クールなテイストを好む方も居心地よく暮らせそうです。

つづいて、キッチンへ。

キッチンもL型で、広々と使えます。
収納もたっぷり。お部屋全体のテイストに合わせて、明るい木目調のキッチンです。

そして、トイレにもかわいらしいクロスが。
上品さも垣間見えつつ、さりげない幾何学模様です。

かわいらしいお部屋で新生活がはじまると思うと、わたしたちもワクワクしますね。

お部屋に合った家具や家電を選ぶのも、リノベーションにおいてはとても重要です。
暮らしやすい、心地の良い空間を、もっといろんな方へつながりますように。

■フルリノベーション(マンション)
■設計施工費 800万円
■面積 57.04㎡
■設計期間 約2ヶ月
■施工期間 約2ヶ月